アイン・シュペンナー

(Einspaenner)。
本場ではそう呼ぶらしい。チェンバロではウインナコーヒーと言います。お勧めの飲み方はかき混ぜないことです。 まずクリームの冷たさを唇に感じながら苦いコーヒーを飲みます。次にクリームと熱いコーヒーが接しているところ は双方混ざったクリームコーヒーが楽しめます。クリームが少なくなってきた頃底に沈めてあった 砂糖の甘さが出てきます。
最初からスプーンで混ぜると味は一つだけです。もったいない。でもそれが好きな方のためにスプーンも出しています。