ウィンナコーヒーというオーダー

広告1


老紳士、オーダーは
「アイスウインナ」
です。更に
「生クリームには砂糖は、入る?」
通常は少し入れていますと答えると
「本場では入れないんだが…」
私も、ウイーンにはウインナコーヒーはありませんねとふると
「アイン…シュ…何とか…」
と仰る。アインシュペンナと仰りたかったのでしょう。厳密にはそれも違うのですが。とても甘いケーキなどと一緒に飲むので生クリームにまで砂糖はいらないのだと思います。

ウイーンでの実体験を思い出したいのでしょうか。お気持ちは分からなくは無いのですが日本で其れを望むのには無理があります。ウインナコーヒーはあくまでも日本人がイメージした「ウイーン風の」コーヒーだからです。日本ではさほど甘くないケーキなどが通常ですので当店も生クリーニは少しだけ甘味をつけます。ウインナコーヒーだけ召し上がる方も多いのです。

来日、或いは日本在住外国人の方でも外国料理が最も美味しいのは日本でという意見が多いそうです。恐らく昔から舶来畏敬若しくは崇拝の念が強い日本人の気質が本場よりもまじめに緻密に取り組んでしまう結果だと思います。

私は勿論、砂糖抜きの生クリームでウインナコーヒーをお出し致しました。それでも思い出の本場の味は再現できないと思います。何故ならここは日本だから。(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。