ドリップコーヒー何が難しいって、「蒸らし」ですよ。コーヒー粉にまんべんなくお湯を注ごうとすると、ドバっとお湯が出てしまったり、それをちびちび淹れると半乾きになったり・・・そこで見つけたのが・・・↓↓↓。

一見普通のドリッパーですが

(↑Amazonの画像)

底に穴がない!?

裏返してみると底に穴がありません

よく見ると左よりのパイプがあります。穴は底ではなく横にあるのです。

これはどういうことかというと、蒸らしの時に多少湯量が多くてもこぼれ落ちること無く蒸らしが続くということです。

「の」の字を書かなくていい?!

淹れ方のサンプルは以下に。例によってメリタの穴は湯量に関係なく抽出スピードがほぼ一定なのでとても簡単です。最後にドリッパーを移動する時、全く雫が垂れないのがGood!!!!。

右側の数字「1」の赤い線が1杯分、2杯分は線がないので上限?。

勝手に止まる?!

そうです。うっかりすると抽出終わりにアクが落ちるとか雑味がどうとか煩い方ご安心下さい。最後の少量を残してドリップは「ピタッ」と止まります。だって底に穴が無いんですもの〜〜〜。

メリタ アロマフィルター AF-M 1×2

という商品です。
・透明だから染み込みがよく見える
・プラスチックで予熱いらず、割れにくい、軽い、安い
・蒸らし簡単
・給湯簡単
・最後のドリップは落ちない
蒸らし時間豆の挽き方や湯量は個人の自由です。安物の小型電動ミルで微粉だらけで、妻は蒸らし1分以上ほったらかし。手鍋でドリップしても、とても旨い。旨いです。

他にも良いところがあります。内側のヒダヒダが良く工夫されていて場所によって深さがあり濾紙がべたっとくっつかないようになっています。