ネルドリップコーヒー  味の違い

広告1


ドリップコーヒー 味の違いは何によるのでしょうか

同じコーヒー豆を使って 完璧に蒸らしをこなしても味が異なるのは主に4つの要素が考えられます。この4つの方法の組み合わせで好みの味にぐっと近づけましょう。

違いの要素
1.豆の挽き方の違い
2.フィルターの違い
3.湯温の違い
4.濃度の違い(湯量と抽出時間)

 

豆の挽き方
粒が揃っているか (ミルやグラインダーに依存する)

  • 挽きムラが多いと 未抽出の部分と抽出過多の部分ができてしまう
  • 微粉が多いと「雑味」(抽出過多になり不要・不快な味が加わる)が増える
  • 細かく挽くほど微粉は増える
  • 荒く挽くと挽きムラが増えるそこで、一度粗挽きにしたものを もう一度同じ粗さで挽くと 比較的微粉は少なく粒も揃います。篩い(ふるい)にかけて微粉を取り除くことも出来ますが、ミルによっては半分以上捨てることになります。(T_T)微粉が出にくいミルはありますがお値段次第。
    ・『Kalita ナイスカットミル』実売3万円前後
    ・『Kalita クリーンカットミル』実売7万円前後
    辺りが無難でしょうか。

 

2 フィルターの違い
 フィルターによって濾過する成分が異なります。

  • 粗いフィルター
    脂肪分が多い コーヒーメーカーやコーヒープレス等 布フィルター(目が粗い)
  • 細かいフィルター
    ペーパーフィルター 布フィルター(目が細かい)円やかさ まったり感 すっきり感 あっさり感 コーヒー抽出液の成分や割合が変わります。
    私はネル派で「丸太衣料のA-1」です。
  • 吸油性
    紙や布は油分を吸い取ります。油分は味の円やかさや甘味、味の要素の繋ぎ役としても重要です。

 

湯温の違い
 コーヒー粉の量でも濃度の調整は出来ますが湯音で調整するものとはイメージが異なります。

  • 低い→薄い 酸味増 輪郭が目立たない
  • 熱い→濃い 甘味と苦味 (微粉が多いとエグ味 雑味も増)
    私は95度の高音で淹れますが 微粉が少ないせいかエグミや雑味を感じない 味わいのあるコーヒーを飲んでいます。

 

 湯量と抽出時間の違い

  • 湯量が多く抽出時間が速い→薄い
  • 湯量が少なく抽出時間が遅い→濃い (但し、微粉が多いとエグ味 雑味も増)
    水差しのお湯を太くしてドリップすると湯量が増えフィルターの濾過スピードの限界の速さで抽出され 薄い抽出になります。
    水出しのお湯を細くしてィルターの濾過スピードを下回る湯量でドリップすると 濃い抽出が出来ます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。