コーヒーの味は技術よりもフィルターで決まる

広告1


コーヒーの味を決める3つの要素。

  1. 生豆
  2. 焙煎
  3. 抽出

どれも大事な要素です。良い焙煎豆を購入すれば 1と2はパス。残るは抽出、淹れ方だけです。
この「淹れ方」にハマる人はかなりいます。殆どの人が感心を持つのは

  • 器具・道具選び
  • 温度設定
  • 手の技術

など。確かにやり方次第で 味は変化します。変化に一喜一憂し過ぎては味の迷子になってしまいます。器具選びもデザインなど感覚的なりがち。もう少し味を物理的に追求してみましょう。ポイントはフィルターです。しかし フィルターも様々。

  • 濾紙 ・・・ ペーパードリップ
  • ネット ・・・ コーヒーメーカー・コーヒープレス
  • ネル(布)・・・ ハンドドリップコーヒー・サイフォン
  • セラミック・ガラス ・・・  水出しコーヒーなど

フィルターでコーヒー液を漉し、通り抜けたものを飲む訳です。この通り抜け成分がフィルターごとに違います。その成分の重要な要素に油脂分があります。

  • 油脂分は全体の味のイメージを大きく左右します。

脂が多いとコクや甘味が増し 飲み応えもありますが、喉ごしは悪く、私は途中で飽きて来ます。油脂分が少ないと 酸味や苦味がするどく 水っぽく 滑らかさに欠け バランスも悪く、私は疲れてきます。味の隙間を埋めバランスを整え、同時に口当たりも良くするのが油脂分です。

  • コーヒープレスなどネットフィルターは油脂分をよく通します。むしろ油脂を飲むと言ってもいいほど。
  •  紙は密度が高く、油脂分をあまり通しません。紙は抽出速度が遅いので濃い目のコーヒーが出来ます。これは濾紙の長所です。
  • 程よく油脂分を通すのはネルフィルターでしょう。

試しに、ネルやコーヒープレスで濾したコーヒーを濾紙で漉すとペーパードリップの味になります。フィルターに因るコーヒー成分の違いは間違いないところです。


 

 

 

さて 私はネル派です。
様々な風味と油脂が程よく抽出されて・・・と自己満足の世界ですが。
ネルは形も大きさも厚さも表面の状態も様々。ネルでも油脂分を殆ど通さないものもあります。その厚み・繊維密度・形状で異なります。

  • 生地の厚み(糸の太さ・織り方)
  • 片面起毛・両面起毛
  • 形(縫い方・剥ぎ数・浅め・深め)

ドリップコーヒーはコーヒー粉の層で、コーヒー粉自体がフィルターの役目も果たしまた厄介です。私は1杯だてなのでネル生地を買い、手縫いで作っておりました。形と量に拘っていたからです。

苦節(したかどうか)40年程になりますが、最近良いフィルターに出会いました。

IMG_0185

買うなら「業務店は会員になれ」とあり、割引あるのかと期待するも、一般人も普通に買えて、値段も同じで、ガッカリです。(-_-;)
この「丸太衣料」は知る人ぞ知る マニアやプロの御用達のお店らしいのですが 私とは巡り合わせが悪かったようで知りませんでした。私は多少手を加えて浅くして使っています。
もう一つマニアの薦めるフィルターがあります。「ネルドリップ3人用 パック (替フィルター)」を強く薦めるマニアもいるのですが、両面起毛・綿80%・ポリ20%と、粗挽き・一杯だての私には落下速度が早すぎて味になりませんでした。


 

コーヒーの味には色々な要素があります。酸味・甘味・苦味・香味、口当たり、喉ごし・・・。豆が本来の風味を表現して、尚且つ、深みや幅があり、豊かな気持ちになれるのが旨いコーヒーでしょう。このフィルターで 一歩近づいた気がします。m(__)m

 

2 thoughts on “コーヒーの味は技術よりもフィルターで決まる

  1. Pingback: ネルドリップコーヒー  特徴と管理 – ジジババブー

  2. Pingback: ドリップコーヒー コーン型 金属フィルター  – ジジババブー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。