FakeAPN

      FakeAPN への3件のコメント

「Apndisabler」をお使いの方多いかと思います。

どうしてもパケット通信を使いたいときは、
「設定」→「一般」→「プロファイル」から

・ Apndisablerを削除
・ reboot

と言う手順になります。必ず「reboot」でなくては駄目で、respringや電源Offでは効果なし。ところが「reboot」にエライ時間がかかって困る。
そこでJBしてるので「FakeAPN」をインストール。アイコンのタップだけでApndisablerのOn・Offが出来ると言うスグレモノ。

ところが、
私の場合だけかも知れませんがこの「FakeAPN」全く効果なし。ステータスバーにはWifiマークから「3G」へと表示が変わるが
「パケット通信が出来ません」
との一点張り。orz

やむなくSbsetteingで「Edde」のOn・Offでなんとかしようと。これの欠点は若干、いやさ若干!漏れ~ると言うのだが、どの程度なのか私が実験台になってみましょう。

今からスタート!

3 thoughts on “FakeAPN

  1. さくれれ

     え゛~!reboot!?
     …初耳でした…
     今までapn~削除して普通に使えてたんで気にしなかったんですが…参考になりました( ..)φメモメモ

    Reply
  2. 石井 貢

    ポイントはWifi無しで、
    ・ 「パケット通信を起動できませんでした・・・」
    のメッセージが出たらAPNdisablerが生きている
    ・ メールやインターネットがスラスラ出来たら
    Apndisablerは死んでいる
    と言う事です。
    WatashiのiPhone3Gはrebootしないと
    「パケット通信・・・」
    になります。
    iPhone3GSは違うかもしれませんね。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。