アメリカンコーヒーとは?

1970年代後半だったかな?。コーヒー豆が連続で値上がり。困ったのはあるコーヒー店のマスター。何とか利益をひねり出そうと考え出したといわれています。命名、
「アメリカン」
当時アメリカのコーヒーは薄かったのでしょうか。いえ、すでにアメリカでも薄いコーヒーが主流ではなかったようです。西海岸・東海岸でかなり違うこともあったようです。実はエスプレッソをはじめかなり多様化していました。当時、アメ車などのアメリカ的重厚長大時代。日本人のアメリカ傾倒が拍車をかける。「アメリカン」とオーダーするのがなんかカッコよかったのです。あれよあれよと日本中がアメリカンコーヒーに。実はお湯で薄めたケチケチコーヒーだったのです。
日本でジャパニーズコーヒー プリーズ!といわれても困りますよね。同様にアメリカでアメリカンコーヒオーダーしても怪訝な顔をされます。今ちょっと他のサイトを見てきたら「これが正式なアメリカンだ!」なんて思っている人が沢山いますね。変なはなしです。
オーダーを受けるときは「薄めのコーヒーですか?」「軽い感じのコーヒーですか?」「浅煎りのコーヒーですか?」等とお客様の本意を汲み取ってあげたいものです。

2014年2月5日 追記
焙煎メーカーも浅煎りコーヒーの方が焙煎時間が少なくて済む、水分を含んでいるので重さがでる、など大分経費が浮くようですね。そのことがブームに拍車をかけたように思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。