敢えて 喫茶店とは…

広告1


勿論、営業許可証では飲食店となっていますが、単に飲食店でも無いような…。とは言ってもご利用になるお客様の御心次第ですが。

飲食目的の方には飲食店
一息いれたい方には喫茶店

となるかな。
飲食目的の方には味やお値段などが重要なポイント。
喫茶店目的の方に其れは二の次。何よりも心地良いひと時を過ごしたい。仕事や人間関係の煩わしさから逃れ、ホッと一息つきたい。
「時間よ止まれ」
は永ちゃんだけのおハコではありません。内装、照明、器、音楽…。更に美味しいお茶などあれば最高。

一言でいうと、喫茶店とは
「時間を止める所」
です。
えっ?
チェンバロはオヤジが五月蝿いから違うじゃないかって?
あたっ、つつつ…^^;


— BlogPress,iPhone —

2 thoughts on “敢えて 喫茶店とは…

  1. tiger48

    最近無いですよね。じっくりと落ち着いた雰囲気の中で本物のコーヒーを飲める店が。
    この先もどんどんそんな喫茶店は無くなるんでしょうね。
    ある意味チェンバロもそんな店とは違う方向に向かっているみたいだし・・。
    昔のチェンバロの向かいっ側にあった葡留満?なんか落ち着けましたけど。
    時代なんでしょうね。

    Reply
  2. 石井 貢

    まずは、いつもご覧頂いて有難うございます。
    昔のチェンバロは男社会の中に有りました。世の中の全てがそうであったように。この商売も30年。女性の気持ちも考えるようになりました。女性側から見ると、男性は一生懸命やってるんですけど独りよがりなんです。
    つまり男社会は、自分を抑えた女性の辛抱の上に成り立っているきがします。
    そんな女性の気持ちも理解したいと思っているのが、今のチェンバロです。
    因みに公園の近くに引越しした、「葡留満」さんも今はご夫婦で仲良く営業してます。(^-^)

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。