そうだ、福山雅治になろう!

被災地では。
折角仮設が当たっても入居率が低い様です。仕事がない無いなど先行き不安からかお金のかからない避難所を離れたくないという複雑な心理が働いている様です。

-------------

口を開けば「○○したい男No.1」は福山雅治さんのものです。
彼の様に、好感度アップするにはどうしたらいいものか•••

そうだ、福山雅治になろう!

私が福山雅治になるには、まずい形から入る。…には既に無理があり過ぎ。
では中身。
取り合えず、せっかちで軽い私のイメージを変えなくてはならない。福山雅治はセコセコ、チマチマしていない。もう少し大らかでゆったりした同作、話し方、声のトーンをもう少し下げる。フランクでダンディー。(←古!)
低音で喋るのはできそう。なるべく低音を意識してゆっくり話す。
「いらっしゃいませ…」とか「ご注文はお決まりですか?」などと低音でかなりカッコ付けてやってみる。我ながらまあまあ出来てると思いますよ。
ところが、お客様の「ごちそうさま!」なんて言われると、つい、ホイホイ反応してしまう。更にレジに立ってお金を見ると、
「○○円頂戴します!ありがとうございます!!」
と、つい腰の低いあきんど姿勢復活。30年間染み込んだ、甲高いあきんどボイスへ簡単に戻ってしまう。
もみ手まではしないけど米つきバッタだな。
カッコいい人になるのは
疲れる。
無理。
や〜めたッと。


 

4 thoughts on “そうだ、福山雅治になろう!

  1. さくれれ

     そうそう!
     つい反応しちゃうんですよね~
     沿道から『頑張って!』って声かけられると、カッコよくサッ!と手を上げるだけにするハズが、嬉しくて過剰に反応してしまいます。。。どうやら『二枚目』には程遠いデス。

    Reply
  2. 石井貢

    岩手、お疲れ様でした。体調は回復してますでしょうか。
    仰るとおりで、二枚目になるには感情をコントロール出来る事が前提の様ですね。それが出来れば苦労はない!(^ω^)

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。