コーヒー店主の見分け方

コーヒーは店によって全て味が違うという事意外に知られていない様です。なのに飲み方はいつも同じ。

同じブランドの豆でも、
生豆の保存期間、保存状態、焙煎、挽き方、淹れ方…、
様々な要素があります。これが全部同じという事は絶対あり得ません。つまり、お店毎に味は全て違うということになります。

そこで、お店毎に飲み方を変えてみることをお勧めします。
お店の選び方としてはコーヒーを売りにしている店は割と見分けやすいかと思います。ポイントは、
コーヒーの種類やグレード売りにしている店、コーヒーの淹れ方を売りにしている店、コーヒーカップや内装など雰囲気を売りにしている店など様々です。お店に合った楽しみ方が有るでしょう。

最後にいい店主の見分け方。
聞きもしないのに、解説をしたがるのは、言わないと分かってもらえないという、自信の無さの現れです。疲れますね。逆に聞かれた事にだけ丁寧に答えてくれるのはいい店主では無いでしょうか。要注意なの、は私のような単なるお喋り店主という事になりますでしょうか。



— BlogPress, —

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。