iPhone5 感覚と実費

広告1


今回はスピードとテザリングが話題になってますね。
速さは、
個人や使い方、エリア、サーバーなど、様々な要素が組み合わせで違いが出るだろうし最後は個人の感覚です。3Gが出た時も早いとはしゃいだものですが、今度はLTEが新幹線並みに早いなどとと繰り返している。
一方、感覚的でない要素は サービス内容とその価格。データ通信の制限ある無し、テザリング不要・必要、何G 超えたら何Kに落ちるのか、復活に幾らかかるのか。途中解約はどうなのか、契約期間が過ぎたらどうなるのか。販売会社の将来性は?(^^ゞ
機能と自分の使い方は合っているのか、契約内容と価格は月々の予算を超えていないかなど、目的と予算を明確にしておかないと販売側の思惑にハマってしまう。
私はiPhone4sで特にストレスはなく、ULTRAWi-Fiを使っているのでテザリングの必要性を感じません。家のプロバイダ契約も不要なので、iPhone4s(パケットOFF)、妻のiPhone3G(パケットOFF)、MacBookAir、プラスULTRAWi-Fi(月3,880円)で機種代通話料込で月々1万円弱で済んでます。
因みに私の場合ULTRAWi-Fiのスピードは
下り8MB〜16MB前後(Xtreme-speedtest)。
通信量は1ヶ月1GB前後(SoftBank007zUtility)
のようです。テザリング制限7GBは余裕? で128KBは遅すぎ!のような気がしますが。私の素人考えですので信憑性は如何なものか…(^^ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。