生家。

      生家。 への2件のコメント

広告1


ナンチャッテBikerが一度行ってみたいと思っていた場所があります。53年前に私がこの世に生まれた家です。やはり思い入れは強いです。何年か前に車で通り過ぎたときは健在な感じでしたが、今日自転車で行って見るとかなり小さくてセツナイ感じになってました。流石に53年は長いっす。となりのご夫婦がお庭に出ていたので
「おはようございます」
と声をかけてみました。挨拶を返してはくれましたが、それ以上会話は進みません。
(私ここで生まれたんです!)
なんて言ってもしょうがないかな。

帰路の途中、中学生の自転車軍団を追い越しました。彼らは口々に
「お、速ぇ」「速ぇ!」
と。ナンチャッテBikerは上機嫌です。そのあと何故か笑い声。振り返ってみると、一人のチャレンジャー君が必死で追いすがっていたのだ。ナンチャッテBikerは相手にせず余裕で引き離すのでした。(カッケー!)
 

2 thoughts on “生家。

  1. ゆったん

    すごいですねぇ?。
    中学生も追い越せないなんて!!
    もしかして、太ももは筋肉ムキムキですか?

    Reply
  2. 石井貢

    ところが全然スラリとしています。(って自分で言ってらぁ)
    現段階では無駄が減ってきている感じかな。要領がいい足、名づけて「貧乏筋」。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。