仮想Windows ICカードリーダー認識

広告3




私は
Mac os Sierra
VMware Fusion  7.1.3
Windows7
です。

年末調整時期と償却資産と確定申告という年に一度しかICカードリーダーを使わないので 毎年トラブります。 今年は住基カードからマイナンバーカードになったりMacOSがSierraになったりと ついそちらに気が行ったせいか USB ICカードリーダーの認識で手こずりました。先ずはお約束の

・ 最新ドライバのインストール(HITACHI M520u)

結果は☓。念のため サービスの利用に必要となるマイナンバーカードに対応したICカードリーダライタの一覧で確認すると 日立の「M520u」は掲載がありません。ならば考えるより行動で

・ NTT ACR39-NTTComを購入

ところが、これもMacの公的認証アプリでしか認識しません。 公的認証アプリはMac版もあるがeLTAXにはWindows版のみ。Macでは認識する…あれ?…ということはカードリーダーの問題ではないな。


私は普段MacBookAirを終了する時は、システム終了せずにパタンと畳んで終わり。これが駄目の元らしい。

カードリーダー認識手順
1. Mac OSを再起動して
2. 更に Windowsを起動して
3. 次にカードリーダをUSBに接続

 

手順通りにすると次のようなダイアログが現れます。

ここでWindowsを選択すると めでたく認識します。それも新旧両方のICカードリーダー(M520uもACR39も)を認識します。手順の問題だったようです。

それにしても、eLTAXにMac版のアプリが無いのは如何なものか…(-_-;)。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。