妻を慈しむこと

      妻を慈しむこと への2件のコメント

広告1


私たちは体内年齢30代の健康マニア夫婦です。
人生楽しく生きるため、やりたいことをするためには、どうしても健康でなければならない。この30年地道に積み重ね、やれることはすべてやってきたつもりです。健康については知り合いの医師より詳しいと思っています。おかげで病気らしい病気はしたことがなく薬は勿論、病院に行ったこともありません。それは偏に自己管理の賜物だと自負していました。

ところが去年 妻が病気になりました。

急性虫垂炎、術後の遺残膿瘍再発。手術後入院二ヶ月、8ヶ月たった今、仕事には復帰していますが、まだ通院しています。これまで 妻と私は24時間一緒で同じ生活を送ってきました。同じものを食べて同じ運動をして同じ仕事をして 同じ時間に寝起きしてという 仲良し夫婦です。なぜ私ではなく妻が病気になったのでしょうか。妻と私は何が違ったのでしょうか。

健康な人と病気になる人は何が違うのか。

その間 私がそれを考えるのに十分な時間が在りました。そして結論もでました。不摂生を繰り返しても長生きする人、摂生しても早死にする人がいますよね。何故今までこのことに気づかなかったのでしょうか。今更 生まれ持った体質の話をしても始まりません。同じ条件下で何かが違うのです。

それはストレスです。

人間の体には治癒力が備わっていて、異常があるとしらせてくれたり治してくれるのです。医学や科学では言い尽くせない素晴らしい力。大抵の異常は、10時から2時の間に睡眠をとれば一晩で治ります。毎日5千個出来る癌細胞も退治してくれます。それでも駄目なときは、食欲不振・吐気・発熱・悪寒・喉の渇き・痒み・痛み 様々な警告を発します。警告を無視し続けると病気なり、最悪死に至るわけです。ところがこの治癒システムが崩れることがあるのです。原因はストレスです。脳を始めとしてその他の神経やシステムが次々と崩れていく。それが病気です。働き者の妻にはこの35年のストレスが自分も気づかぬ内に積み重なっていたのかも知れません。

治癒力を維持するには楽しく生きること。

ストレスを軽減するには腸の言うこと、つまり体の言うことを聞いて脳を正常に保つことが必要です。自分が楽しめること 面白いこと 夢中になれることをしていれば ストレス脳にはならないようです。これと言って楽しみがない無趣味な妻の 唯一の楽しみは 私が楽しく生きることだと言います。ならば 私も妻と一緒に楽しめるよう 今まで以上に妻を慈しみたいと心がけます。

広告3

About ジジババブー

青森県弘前市  ジジ − 石井 貢 1955年生  Raleigh 2010 Raleigh CRF   MacBookAir iPhoneSE    ババ 1958年生 SCOTT 2012 CONTESSA iPhoneSE のろのろチャリダー 仲良し夫婦で珈琲屋

2 thoughts on “妻を慈しむこと

  1. 藤林 潤

    奥さんが、病気だったとは知りませんでした。お大事に!!
    人間、一生病気にならない方が、いいのですが中々、そうはいかないようです。
    やっぱり、神経性のストレスは一番良くないようですね。
    自分も、病気にはならないと思っていましたが、いままでに手術を3回も経験してしまいました。
    還暦を過ぎた、現在ですがこの歳まで生きていたら、まあ良いかなと思うこのごろです。

    ストレスだけは溜めないように、生活して下さい!!

    Reply
    1. ジジババブー Post author

      ありがとうございます!
      皆さん、色々ご経験なさってるようで、びっくりします。正に大先輩ですね。楽しみのために耐えるのはストレスにならないそうです。楽しい目的を目指しましょうね(^^ゞ
      (とっくに返信したつもりでしたが、送信ボタンおしてなかったようで…(T_T))

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。