結局 Windowsで苦戦

広告1


MacBookAirはとても気持ちよく使えます。触れてるだけで気持ちいといえば何か誤解されそうですが事実です。
ですが。
事務処理計算ソフトはWindows(Microsoft)になります。それで VMwware fusion4 なるMacBookAirの中に仮想WindowsマシンをつくりWindowsとMacを同時に使えるようにするエミュレータとか言う物をインストールします。そしてそこにWindows7をインストールする。
いやこれが、中々のスグレモノで、再起動も切り替えも意識せずにMacとWindowsの両刀遣い。

ところが
日に日に、ネットワークがどうとか、横文字エラーがでたり、重くなったり、なんか引っかかる…のはWindowsですよ。やっぱりWindowsdすよ。Windows入れなおしたりエミュレータを取り替えたり。で、堂々巡りの、最初の通り、元に戻し、しょうが無いな、と諦める。

貧乏神というか疫病神というか簡単に離れてはくれませんね、Windows!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。