自転車 カギ選び






カギも色々使ってみましたが。
U字型の硬いのはフレームにキズが付きそうで買ったことがありません。コイル型は携帯に便利ですがバネが強いと軽いロードバイクは引っ張られ倒れていたりします。

鍵を差し込むタイプと、ダイヤル式番号セットのもの。鍵式は鍵を落とさなければ解錠施錠が早くて便利。番号式は第三者に。開けられる可能性があります。

 

 

今はこの2つのいずれか。

ロードバイクは簡単に車輪が外せるので前後車輪とフレームと街頭やポールに括りつけてしまいます。其れにはロングタイプがおすすめ。色は派手な方が威嚇効果もあるでしょう。下はリール付き。長さはあまり無いので妻と2台駐車のときに2台を括っておきます。いずれもビニールで保護されてフレームにキズが付き難いと思います。
欠点は
ワイヤーカッターなどを使われると、ひとたまりもありません(T_T)。

IMG_1946
盗癖には威嚇効果・抑止効果が大事です。「鍵してますよ!」「手間かかりますよ!」という持ち主の強い意志を感じさせることが大事です。それでも必ず自分から見える場所に置きます。人目につかない場所には絶対置きません。差し上げますと言ってるようなものですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。