ジャズが好きな方は周知のジャケットですね。白人、ペギー・リーのブラックコーヒーです。 ブラックコーヒーを飲みながら、来るか来ないか分からない男を待ち続け、やがて夜が明ける。 という内容とは対照的にかなり上品できれいなジャケット。更にエスプレッソだから、正に「苦い思い」。