ドリップコーヒー上達の必須アイテム3

年を経るほどに長年の経験が物を言い、勘が冴え渡る…ということは先ずない。寧ろ衰える。目に見えないものを見えるものに変えることがうまいコーヒーへの近道。

軽量計

1グラム以下が計れるのが理想です。最低でも1グラム単位。いつも使う豆の量を固定します。私は必ず一人分ですが、それぞれの人数に応じて規定量を固定しておきます。

温度計

ドリップポットにリアルタイム水温計必須。水差しの湯温は思いの外変化します。

・給湯時の温度
・抽出中の温度
・抽出終わりの温度

私はポットに蓋をしません。抽出過多等を避けるため自然な温度低下を利用しています。
反応の早いデジタル計がおすすめです。アナログは数秒反応が遅れます。

タイマー

抽出時間を測定します。残り時間がビジュアルでわかるアナログ表示を、おすすめします。私の場合は

・最初の給湯から蒸らし終わりまで1分
・蒸らし終わりから抽出終わりまで1分

やはり、蒸らしで味の要素がが決まります。砂時計は途中経過がアバウト。私はiPhoneのタイマーでアナログ表示えを使います。

 

固定要素を増やすと変動要素が見えてきます。豆種・焙煎・風味の違いが分かり易いと思います。

・始まり → 経過(予測の修正) → 終わり

焙煎にも抽出にも当てはまる基本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。