野菜は敵だ!
22〜25才までは、酷い生活ぶり。油と炭水化物をコレでもかと大量に食べてました。5分おきに食事ができる程大食漢でした。(-_-;)

・ 朝食(昼兼用)
寝起きに卵入り味噌ラーメンを2袋、3年連毎日スープまで感触。

・ 間食
お菓子・フルーツ興味なし。序に野菜も興味なし。いつでも麺か米か揚げ物を愛する。

・ 夕食
外食。豚生姜焼き定食・カツ丼・親子丼・カレーライスのいずれか。

・ 夜食
天重。天ぷらを3年間毎日食べました。

・ 運動
全くしません。勤めが歩いて5分。それ以上の距離は車で。

・ 喫煙
点火物不要の 点け足し吸いのヘビースモーカー。

・ 飲酒
下戸。まったくダメです。

・ 仕事
夜7時から早朝までの夜勤専門。

当時の体重は53〜58kgの間。下痢と便秘を繰り返す毎日。25才を過ぎる頃、眠ることも出来なくなり病院へ。疲労・脂肪肝が原因だからと脂肪摂取を禁止される。

喫茶店開業で夜勤とおさらば。間もなく結婚。同時に油を使わない料理法に変更。代謝低下対策に犬を飼って日に1時間は散歩。更に禁煙もするが、口寂しくなると間食・過食が進み、体重は80kgに。

思い切って摂食量を減らしたが加齢による基礎代謝低下の為か体重は減らない。30代で人生初の野菜主体の満腹食事に変更。効果絶大、1年に15kg減量。同時に便秘や下痢ともおさらば。

それでも加齢によると思われる基礎代謝の低下でじわじわ体重が増えてくる。同時に15年飼った犬も逝き運動量はほぼゼロに戻る。米を茶碗1杯に減らすも効果薄。胚芽米にかえると体重増加にブレーキかかる。数年後はそれも効果薄れ遂に玄米に変更。効果絶大で茶碗2杯に。

50才を過ぎる頃には食事も食べ方も板につき要領を得て特に問題はないが、運動不足による心肺機能や内蔵の運動低下は想像できる。関節炎、首鞭打ち、ぎっくり腰などで何をしても痛みや腫れでほぼ運動は諦めていたが、自転車は全身運動らしく何処にも負担がないようで早朝サイクリングを続ける。現在は朝晩の自転車通勤のみで往復40分程度。基礎が出来てしまうと筋トレが出来るようになり筋肉量も増えるので基礎代謝量が1500kcal程度に。

・ 57才(2013年4月24日現在)
体重63kg・体脂肪率12%・骨量2.9kg・筋肉量53kg・BMI 20・体水分率62%・内脂レベル7・体内年齢32才。以上、Tanitaの体組成計での測定です。ここ30年は病気で病院に行ったこともなく、薬も飲まず、風邪も殆どひきません。現在少し心配なのは、未だに量を食べること。(^_^)v