バキュームカー

今日は店休日。
8時半から産廃業者さんが来ています。洗い物をしているシンクの下にあるオイルトラップの清掃です。


バキュームカーといえば楕円形のタンクをイメージしますが、今ははカバーに覆われて見えない様になってるんですね。ホースも細くなってますね。


オイルトラップは、3槽構造でそれぞれに篭状の金網フィルターが入っています。水は底部の横穴から右から左へ順次流れて行き、水に浮く油分は流れずに残る仕組み。

レストランなどは月に一度程度は洗浄してるようですが、チェンバロは殆ど油を使わないので一年に一度でもまだ余裕があります。そう思って2年放ったらかしにしたら流石にヘドロ状のモノが目一杯溜まってました。
まずは、ズズッズーッと粗方吸いとってしまいます。あとはタワシや色々使ってホースで吸い取りながら編みや水槽を洗浄。一時間程で綺麗になりました。


— BlogPress,iPhone —

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。