クロネコが走った訳






震災後ガソリンが無いにもかかわらずクロネコが普通にに走り回っている様な気がして不思議だった。岩手など、ライフラインが無い中、10日でほぼ復旧してしまったらしい。実は会社や社員の活躍、自衛隊との連携、地元に根付いた目標、計画と中々やるなと行った感が有り、興味のある方は以下のURLをご覧ください。
http://bit.ly/gpVTDX



— BlogPress,iPhone —

2 thoughts on “クロネコが走った訳

  1. yukihoo0619

    被災地の方々に心よりお見舞い申し上げます。
    こんなことで弊社を取り上げていただいたことに会社になり替わりもう一度御礼申し上げます。
    東京にいて震災の現実を知った時にはこの会社のシステムが根幹からひっくり返るのではとまで思いましたが、ひと月たった今ほぼ平常業務ができている弊社の強さに社員の立場でありながら本当に驚いております。
    全国から応援に行っていますが、何より現地の社員が「今俺らがやらなければ」との思いで被災者でありながら集配しているらしいです。
    放射線風評が出た先月の25日あたりは、東京に日本中の水が送られてきたのではないかというくらいペットボトルの箱が到着しました。でも、うちのドライバー達も最後の1個まで配達して腰の痛みと戦っていました。恐るべしヤマト運輸の社員教育ですよ。
    本当に天晴れです。

    Reply
  2. 石井貢

    貴方はクロネコさんだったのですね。(^ω^)
    日々のお勤めごくろうさまです。
    高い目標を掲げると、強い意思が生まれ、行動する事が始まるのだとおもいます。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。