20年ぶりに車を買って早10ヶ月。恥ずかしながら初めてボンネットを開けてみました。
浦島太郎というか、未来にタイムスリップというか。
Watshiのイメージでは、
エンジンルームを開けて一番先に目に飛び込んでくるのは、でかいカタツムリを押しつぶしたようなエアクリーナーの筈。中には、コレまたデカイバウムクーヘンが入っているのだ。
無い。
全く無い。
きっと形がかわったか位置が変わったのだろうとググッてみたら、今時の車にはカタツムリどころか、その根っこに着いている筈のキャブレターまで無くなったそうな。
数年前ガゾリンスタンドで、若い整備士達が私の車に集まってきて

先輩   「これがキャブレター」
後輩A  「これが、キャブレター?」
後輩B  「へー・・・」

なんて言ってたのは、このことだったのね。
四角いツルっとしたエンジンが目立っちゃって・・・。
カタツムリもバウムクーヘンもなしかぁ・・・。