無手勝流

イヤ~なんていうか、大先生が立派に生けた芸術的なお花が苦手です。だもんで、ぎゅっと掴んでバサッと落としたようなのでいいんです。 これは1個しか咲いていないのが気に入ってます。偶然性。 で、 へあーすたいる も偶然性をイメ …