Time Machine「バックアップを準備中」地獄から抜け出す簡単な方法






OSが変わったりコンポーネントをアップデートするとTime Machineでの自動バックアップがおかしくなる。
Macの起動、Time Capsuleの再起動をしても

「バックアップを準備中」

が延々続く。Appleの指示通りじっと待つ。1周間経っても状況は変わらない。google先生でも色々な方法があるが素人には面倒すぎたり、指示通りにしても効果無し。

スクリーンショット 2015-04-25 10.07.14

Macの使い方も十人十色、百人百色。人の言うとおりにしても中々解決しない。
一番手っ取り早く迷走ストレスから抜け出すには、

・ 過去のバックアップを削除してまう

もしもの時のバックアップ。今が異常なしなら、バックアップは要らない。

「AirMacユーティリティ」→「Time Capsule」→「編集」

スクリーンショット 2015-04-25 10.10.37

「ディスク」→「ディスクを消去」

スクリーンショット 2015-04-25 10.11.15

はい、ちゃんちゃんっと。メニューバーのTime Capsuleアイコンから「今すぐバックアップを作成」。でまた「バックアップを準備中」がでてドキッとしますが、間もなくバックアップが始まります。データ量が200GB以上あるので最初のバックアップは十何時間以上かかりますが、2回め以降は数分も掛からずに終わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。